高齢者を見守るハイテク・システム

一人住まいの高齢者が増えた現代ですが、ハイテクを駆使して家族や介護関係者が遠隔地から安否確認をするサービスが多数登場してきました。

fig-mimamori1.gif

■センサー技術と通信性能の向上
少し前に記事として「社会安全システム」という本をご紹介しました。同書にもさまざまな事例が書かれていたように、情報技術と通信ネットワークをうまく利用することで人の安否情報や行動情報を離れた場所に伝えることができます。緊急事態があったときに即座に対処したり、危険や病気が発生しそうなときに前もって状況を分析したりと、役に立ちそうです。

見守りシステムの基本的な仕組みは、わかりやすいものだと思います。単純化すれば、

・何らかのセンサーで人の行動や状態を検知する
 (または対象者自身がボタンなどを押して意思表示する)
・検知した情報を無線または有線で家族や介護者に伝える
 (即座にメールする、コンピュータ・サーバーに蓄積するなど)
というだけの話です。

センサー技術と、通信ネットワークの性能・使い勝手が向上したことで、意外と簡単に上記システムが組めるようになってきたわけです。現在すでに事業化または試験運用されている見守りサービスの例を一覧にまとめました。

見守りサービス・システム

このリストは網羅されたものでなく、掲載されたシステム・サービス以外にもまだ多数あるはずです。同リストは、順次更新する予定です。

見守りサービスを2つの観点から分類したのが冒頭の図です。縦軸は「情報の内容・深さ」、横軸は「対象者と保護者との距離」とでも表現できましょうか(あまり厳密な軸の定義ではありませんが)。

■センサーの組み合わせで検知レベルが異なる
見守りサービスに使われうるセンサー(または検知システム)は、多数多様です。

・監視カメラ
・人の動きを検知するもの
  圧力センサー
   フロアマット(マットセンサー)
   ベッド用マット(ベッドセンサー)
   車椅子用センサー
   トイレ用センサー
  位置センサー、行動センサー
   加速度センサー
   音波センサー
   赤外線センサー
   感熱センサー
   PHSによる位置特定システム
  生体センサー
   心拍計、血圧計その他各種身体測定機器
   睡眠センサー
   おむつセンサー
・生活関連製品の利用状態を検知するもの
  電気利用を感知する装置
   電気コードやスイッチから電流を感知する装置
   家電製品そのものに組み込まれる装置
  水道利用を感知する装置(…水道局が試験的に実施中)
  ガス利用を感知する装置

あと、センサーというわけではありませんが、見守りシステムの重要な要素として

・対象者自らの合図
  コールボタン(いわゆる「ナースコール」のようなもの)
  電話

が挙げられるでしょう。

人の「存在」のみを検知するものから、存在だけでなく室内行動または室外での移動を検知するもの、さらには健康状態まで知ることができるものなど、検知レベルには深さ浅さがあります。これらの組み合わせ方で、見守りシステムの性格が異なってきます。

本blogでは「身体を測る」というテーマで、物理的・客観的に生体情報を測定する手法や実例を紹介していますが、たとえば記事の一つ「身体を測る 05-健康状態がわかる睡眠シート」で採り上げた睡眠センサーが、見守りシステムにも使われています。

■人的な面、利用技術が有効利用のカギ
見守りサービス・システムをどのような人がどのような立場で利用するかによって、位置付けが異なります。ここでは大きく3種類に分類してみました。

a 施設内管理
 介護施設や高齢者住宅、病院の内部で、そこに居住・滞在している人たちを集中管理するための見守りシステム。「見守りシステム」として切り分けて呼ぶより、施設内(院内)システムの一部と捉えたほうがよいかもしれません。
なお、(独居世帯でない)一般世帯の家庭内でも同様のシステムを取り入れることができるかもしれません。ただし、家族が同居しているという状況から高度な管理システムの必要性は必ずしも高くなく、またコストを考えると小規模なセンサー・システムで十分ともいえます。事業性という観点からは、家庭内見守りサービスが広く普及する可能性は、今のところはまだ低いだろうと考えられます。

b 地域における介護支援
 介護サービス会社、社会福祉団体、地域医療サービスの団体などが地域の独居者(その他健康に注意すべき人がいる世帯)を見守るシステム。各地で今、この種のサービスが少しずつ研究されているところだと思います。

c 遠隔地見守り
 離れて暮らしている独居高齢者の安否や健康を、家族が遠隔地から日常的に確認するためのシステム。仕組みとしては b とほとんど同じようなものと考えられます。ニーズはある程度高いものの、やはりコストとの兼ね合いが一つの課題となるでしょう。

■人的な面、利用技術が有効利用のカギ
見守りシステムは機械だけ揃えば済むといった話でないのが、実用的な運用をするために難しいところです。いくらセンサーで得た情報を伝達しても、人的な面からの運用ノウハウがないと、おそらくいざというときに役立ちません。

上記分類(施設内、地域介護、遠隔地)にしても、機械装置の面からみると本質的な違いはさほどないのかもしれません。むしろ人的関係や社会的コミュニティを形成しながらいかに利用技術を積み上げるかという点が重要とされるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です