豊洲卸売市場と財政問題

施設を充実させれば費用がかかります。取扱高が右上がりで拡大する時代ではない今、どうしても利用料金に影響を与えざるを得ません。


豊洲中央卸売市場の第5街区予定地
(ここは青果卸が中心で、ほぼ2階建て。ゆりかもめから見て卸売市場の手前側に“千客万来施設”が入る)

■市場内の温度管理に万全を期す
前の記事「ららぽーと豊洲と新中央卸売市場の計画」では、卸売市場そのものではなく一般向け商業施設についての話ばかりしていました。でももちろんこの移転計画は、付帯される商業施設よりも卸売市場本体をいかに整備するかということが主眼です。

築地の中央卸売市場が豊洲に移転する理由は、大雑把にいえば次の3点といってよいでしょうか。
・施設老朽化への対応
・手狭感(敷地拡大の必要性)
・衛生面や運用面(保管、物流など)改善の必要性

もともと江戸時代から大正時代まで、主要な魚市場は日本橋にありました。関東大震災で日本橋の河岸が被害を受け昭和初期に築地に市場が移転したときも、その移転の理由は上の3点とほぼ同じだったと思います。一定の時代ごとに都が“遷都”されていくようなものかもしれません。

現時点では特に「温度管理のできる施設」を求める声が強く、そのため新市場では大がかりな空調設備が導入されることになるでしょう。衛生管理のために高床式も採り入れられるようです。その分、設備投資も膨むことは避けられません。

■東京オリンピックとも関係ある? 市場財政の行方
以下東京都に限った話ですが、昭和46年度以降、卸売市場の経常収支はほとんどずっと赤字続きでした。1990年代半ばからの赤字幅は大きく、2005年の段階で累積欠損金が約200億円まで膨んでしまいました。

ただしこの間、旧江東市場および旧神田市場の閉鎖に伴い土地などを民間に放出した後にだけ、一時的に黒字化しています。そのあたりの事情は東京都の次の資料で説明されています(読んだだけではどうも釈然としないところもありますが…)。

「市場財政白書(2002年)」http://www.shijou.metro.tokyo.jp/gyoei/02/02.html

旧神田市場といえば、「昭和レトロ(1) ― 昭和風の外食店増える」で触れた「秋葉原UDX」ビルなどが今あるところです。この飲食街の名「アキバ ICHI(市)」は、かつてあった神田「市」場から名付けられています。

結局、土地という自らの身体(財産)を切り売りすることで一時的にしのいできた市場財政ともいえます。今回も、がめつい言い方をすれば、できるだけ築地の土地を高値で売り抜けて、豊洲の土地・設備の整備もできるだけ民間にゆだね(投資支出を最小限にして)、あわよくば市場財政を立て直すきっかけにしたいという考え方も成り立ちそうです。

そんな背景を考えると、東京オリンピックで築地をプレスセンターにするという計画も、その後どこぞの放送局に入ってもらいたいとかいう都知事の希望的観測も、たんなる思い付きではない、東京都の中長期的な経営建て直しの一環だということに行き着きます(もちろん単純に市場財政のためだけではなく、いろいろな側面があるのでしょうが、ここでは触れません)。

■豊洲市場の使用料は高くなるらしい
累積欠損金という負のストックにどうケリをつけていくのか、資産切り売りだけで解決するとは思えませんが、同時にフロー(経常赤字)についても手を打たなければ結局また将来の市場財政はにっちもさっちもいかなくなります。そこで出てきたのが「市場使用料の値上げ」です。

いままで中央卸売市場の使用料は、全市場同額が基本でした。簡単にいえば、黒字市場(築地や大田)が赤字市場分を補ってきたということになります。そこで最近になって、たとえば赤字の市場では使用料を値上げできるよう法律改正が行われ、市場別に料金設定ができる制度へと変更されました。

ところが都内“値上げ第1号”が、どうも豊洲新市場になってしまいそうだと報道されています。「温度管理ができる近代設備を用意したのだから、つまり付加価値をつけた市場なのだから、そのコストも利用者が負担してください」、という理屈になるのでしょう。それはそれでもっともなことでしょう。

しかしその結果、築地から豊洲に移る中卸業者などは数が減ることになるでしょう。もっとも、赤字で今後経営的についていけない業者を振り落とす狙いがあるとも噂されていますので、市場を経営する側からするとそれも狙い通りかもしれません。

そこまでして新しい中央卸売市場が必要なのか、という素朴な疑問もあります。でも、官営の卸売市場がどんな厳しい立場にあるかなどは、もちろん関係者はよくわかっているはずです。市場整備計画に伴う資料を読むと、今後の生鮮品流通の仕組みがどうなっていくのかも、さかんに議論されているようです。専門家の方々の英知がぜひプラスの方向で現実になっていくことを期待したいところです。


「豊洲卸売市場と財政問題」への4件のフィードバック

  1. しばらく前に研修会場にてお目にかかって以来で、ご無沙汰致しております。
    東京でオリンピックが行われるようになった場合、あの場所が使われるのかと思うと、感慨深いものがありますね。
    私も折を見ては場外・場内に出かけ、寿司屋の前に並んだりしていますが、この人たちは本当に豊洲に移転するのだろうか?と思ってみたりします。築地だからこその「粋」は、豊洲でどのように変わるのか、また、変わらないのか。豊洲は前職の本社があった場所で、昔は良く行っていましたが、ターレットが豊洲を走り回る姿はあまり想像できないんですが…。

  2. 三宅さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    築地にどんどん増殖している寿司屋のほとんどは、築地に腰を落ち着けるのでしょうね。「築地○○寿司」というブランドが集客の力になってます。そもそも、(場内はともかく)場外の寿司屋は必ずしも築地市場からネタを仕入れていませんし(笑)
    豊洲の“中心市街”と新市場とは少し離れていますので、ターレットが紛れ込むことはないでしょう。隔離された市場の雰囲気が“中心市街”に及ぼす可能性はまったくないと予想しています。
    また、豊洲新市場でのターレットは、環境に配慮して「電動車」しか許されないとか…

  3. なるほど。場外の寿司屋はチェーン店も多いですからね。仲買を通さず、ダイレクト・集中仕入でコストを絞っているんでしょうね。
    電動車、ということは市場の周りにガススタンドならぬ電気スタンドが出来るということなのでしょうか。またターレットメーカーがちゃんと電動車へシフトできるのかなぁと思ったりもします。
    いずれにせよ空き地の多かった土地ですから、有効活用されて、都としては周辺も賑わうことでしょうから固定資産税等の収入増で万々歳ということでしょうか。

  4. チェーン店にはオペレーションや食材の標準化が必要なので、卸売市場で旬の素材を探したり、面白い掘り出し物を見つけるといった調達機能はあまり必要としないでしょうね。中卸をどうしても必要とするのは、やはり料理屋や中小規模の小売業。豊洲移転で中卸の数が減るとすれば、かえってそうした“本当に中卸を必要とする人たち”の選択肢を狭めかねません。
    ターレーはすでに築地でもガソリン車から電動車に移行していて、すでに50%近くが置き換わっているらしいです。「充電所」も何個所かあるようです。また、ターレーのメーカーは、朝霞製作所、日本輸送機、富士重工ほか3~4社でシェアほとんどをとっていて、いずれも電動車はすでに市場に出しています。コンサルらしくSWOT分析っぽい言い方をすれば、脅威(T)ではなく機会(O)…、つまりチャンスと捉えられていることは間違いないと思われます。
    豊洲市場予定地はもともと東京都の土地ではなく地権者が東京ガスだったので、土地取得のために東京都が自ら資金をつぎ込まなければなりません。固定資産税の収入うんぬん以前に、どうやって資金調達するかのほうがずっと大きいでしょう。記事で「市場財政を立て直すきっかけに」とか前向きに(笑)書きましたが、一つ間違えばすでに逼迫している財政を破綻に近づけるトリガーになるリスクを伴います。まあ、本当に難しい判断が続くのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です