官営化する卸売市場(「神田市場史」より)

江戸時代の昔から、お上は卸売市場の管理に腐心していました。商人は渋々と管理を受けながらも、お墨付きを得るがゆえのメリットを享受していたようです。

神田市場発祥の碑 「神田市場史」(上・下)
[「神田青果市場発祥の地 記念碑」があった場所]

…神田多町市場があった場所にその後「記念碑」が立てられました。昨年(2006年)、その記念碑は取り外されています。左の赤破線枠は記念碑があった位置。今はその写真説明が脇に貼られています(緑破線枠)。

■卸売市場法の功罪
「神田市場史」(上・下)に書かれている議論を読むと、実に複雑な利害関係があったことがわかります。神田多町の青果市場が秋葉原に移るまで長い時間がかかった(記事「かつての市場移転」)わけですが、市場が移転しようがしまいが、卸売市場が本質的に持っている問題点はあまり変わっていないようです。だからこそ、昔も今も同じ議論が繰り返されているのかもしれません。

本書ではいろいろなテーマが採り上げられていますが、非常に単純化してしまえば、次のようなせめぎあいが議論の本質部分にあると考えられます。

・政府(または業界リーダー)は、
天候などで供給量が左右されやすい生鮮食料品の流通システムを公的な責任感から確実に管理したいと考える。管理することにより価格統制、流通量統制などを行いやすくしたい

・商人は、
商売に制限を受けるのは窮屈だが、緩めの管理下に入る代わりに、過当競争の排除、ある範囲での商売の独占権が期待できればよしと考える。システムに組み込まれることで安定した経営環境と地歩を得たい

これらから、例えば次のような策がたびたび講じられようとします。
・取引手数料の一律設定、または料率の制限
・卸売業者の“1品1社”独占、または少数限定(単複問題)
・市場の周辺などで本体と競合する「類似市場」の排除
・相対取引の制限(せり取引原則の強化)

政府と商人(市場関係者)とで利害が共通する要素も多々あり、徐々に市場ルールとして制度化されていった様子が窺われます。方向としては概ね「過当競争を防ぐ」向きにあったといえるでしょう。それが法律として結実したのが「中央卸売市場法」(1923年)です。

■統制経済は今も続いている?
中央卸売市場法は、もともと街中にあった(神田多町や日本橋の)市場をクローズドな区域の中に押し込める法的根拠となりました。「それまで私営だった市場を官営に衣替えした」とともに「区域内での取引独占」をさせることに成功したことになります。

大正から昭和初期は戦争(第一次、第二次世界大戦)の影響が強かった時代で、それが中央卸売市場法のような統制経済的システムと関係しているのは間違いないでしょう。しかしながら、中央卸売市場法は戦後も継続され、1949年など何度かの改訂を経ながら長い期間生き残っていきました。しかも改訂内容といえば、「類似市場の制限」「卸売人の員数制限」「市場開設者の権限強化」「仲買人条項の規定」「過当競争の制限」など。方向性はまったく変わっていないばかりか、部分的には戦前よりかえって統制色が強くなっているような気もします。

実現はしませんでしたが「市場法を、特定の該当する卸売業を管理する“特別法”の位置づけにとどめず、原則としてすべての地域・商売を対象とした“一般法”へと拡大させよう」という考え方もあったようです。案まで出され真剣に検討されたことが本書で克明に説明されています。

本書が編纂された後、1971年(昭和46年)になってやっと大改訂があり、新しい「卸売市場法」ができました。でもこのときもまた、それまで私営だった市場を「地方卸売市場」へと組み込んでいるなど、官営化を進めた側面があります。日本型官営卸売市場のシステムは、戦前から(明治時代から? 江戸時代から?)脈々と引き継がれて今に至っていることがわかります。

■移転は小さな問題かも
神田多町の青果市場が秋葉原に移転するのに約60年かかったことは、前回の記事でまとめました。しかし移った先の神田市場はそのまた約60年後に廃止され、機能は大田市場に移転しました。同じく日本橋の魚市場60年以上かけて築地市場に移転しましたが、ご存知のように豊洲移転が一応決定しています。仮に計画通り豊洲に移転するとしたら、築地市場は約85年の歴史だったということになります。

神田にしても築地にしても「国家100年の大計」とかいって計画されていながら、結局はさほど長期間はもたなかったことになります。移転より前に、例えば築地市場にあった鉄道の引込み線などはとうの昔に撤去されていました。神田市場を引き継いだ大田市場についても、開場後まだ20年も経っていないのに、設備(コールド・チェーン)の不十分さなどが話題に上ったりしています。

と考えると、新しく豊洲中央卸売市場ができたとしても、そもそも100年以上機能し続けると期待するべきものではないのかもしれません。どんなに綿密に計画を練ってもきっと10~20年も経てば設備や機能に足りないところがどんどん出てくるのでしょう。そしてきっと100年持たずにまたしても移転または廃止に…(以下略)。

悲観的な予測をしているというのではなく、経済活動というのはそういうものなのでしょう。とすれば、築地市場が豊洲に移っても移らなくても、長い目で見ればどうでもよい話かもしれません(なんて言うと、関係者には怒られてしまいそうですが)。

■独特な流通システムが変わるとき
日本の「卸売市場法」システムは世界でも独特な制度のようです。以前大田市場の関係者から聞いた話ですが、市場を見学(勉強)しにきた中国の方から「商品をさばくのにどうしてそんな細かいルールや統制が必要なのだ」と言われたことがあるそうです。どちらが社会主義経済の国でどちらが自由主義経済の国なのかわからなくなるような話です。

今後も官営の卸売市場は必要なのでしょうか。生鮮食料品の売買を多かれ少なかれ管理する必要性はあると思いますが、20世紀初頭の仕組みを前提としたまま新しい卸売市場の姿を想像するのは、やはり不自然な感があります。

卸売市場が官営のままで存続しうるのか。「卸売市場法」を今後も継続させるのか。市場移転の話は、問題をもっと掘り下げて考えてみなければわからないのかもしれません。

p.s.
冒頭の写真。神田市場の記念碑があった場所には、
・記念碑は現在千代田区が保管している
・今後、道路整備に合わせて路上での保存方法などを検討していく
と説明(平成18年8月付)がありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です