「数字で考える「人」「チーム」「組織」入門」

誰でも読んでいただけそうな部分と、少し専門的に入り込んだ部分と、少し極端な要素が同居しています。広く一般的な話題を展開しつつ特定のテーマについてピンポイントで狙いをつけて踏み込もうとしたわけなのですが、結果として成功したかどうか、なんともいえません。

suuji_hito2.jpg
【明日香出版社刊、2003年】

弊社松山が執筆した書籍です。人材マネジメントといっても、本書ではサッカー、野球、陸上、水泳といったスポーツに関する話題をいくつも盛り込んでいます。…「巨人の星」の星飛雄馬まで題材に用いてしまいました(笑)…。難しいことを考えなくても、人材マネジメントなどまったく専門外の人であっても楽しく読めるようにしたつもりですが、本当のところどうだったでしょうか。お読みになった方があれば、ぜひご意見を伺いたく思っています。

表題通り「数字」で人事マネジメントについていろいろ考えてみよう、というのが大きなテーマです。ただし、人や組織を数字で「規定」してしまおうという考えでは決してありません。狙いはむしろ逆で、数字というツールを使って人や組織を客観的に見つめながらも、その「客観」と当事者の「主観」の違いをきちんと認識し、創造性が発揮できるよう工夫していこうというスタンスを持っています。「客観」と「主観」を区分けるための重要な要素として「人事測定(≒アセスメント)」と「人事評価(≒意思決定・判断に直結するもの)」を厳然と区別すべきことを、本書を通じて強調しています。

そして最後の第6章Section3では、「項目反応理論」(Item Response Theory:略して「IRT」)という得点付けの方法について少し細かく説明しています。表計算ソフトなどを用いた数値解析を行い、具体的にIRTによるテストの点数付けを行った例(小さなモデルにすぎませんが)を示しました。このあたりの記述は、人事測定の専門書を除けば他の書物にないユニークなところだと思います。

第1章 個人と組織の関係を考えよう
 Section1 人事・組織とは
 Seciton2 人や組織を数字で“測る”とは
第2章 個人の力を高める
 Section1 個人の能力を把握するには
 Section2 個人の性格を測る
 Section3 社会で必要とされる基礎能力
 Section4 資格試験/検定試験の利用
第3章 仲間・コーチとの協力
 Section1 チームワーク
 Section2 コーチング
第4章 チーム作り
 Section1 チーム作りと戦略・戦術
 Section2 コンピテンシー
第5章 組織の運営
 Section1 組織特性の測定
 Section2 評価・報酬制度と数値化
 Section3 研修・教育のシステム作り
第6章 カリキュラムとモノサシ作り
 Section1 人材育成カリキュラム策定の基本
 Section2 テストと測定
 Section3 項目反応理論の応用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です