高田瑞穂著「新釈現代文」

30年くらいぶりに文庫として復刻された参考書。「大学入試用」とされていますが、もっとずっと広い読者に役立つ書籍だと思われます。さまざまな文章表現について、その読み取り方のコツを掴めるかもしれません。社員教育にも…?

新釈現代文カバー
〔旧版「新釈現代文」カバー、価格は450円〕

■50年前の参考書の復刻
実は30年以上前に購入した版を私(松山)は未だに持っていて、しかもしまい込まず、手にとって読める本棚にずっと置いてあります。でも、この本が世の中で「伝説の参考書」と呼ばれていたことは、今日までまったく知りませんでした。個人的な意見を先に出すと、「文章で表現された何がしかの“考え”を掴み取るコツ」を解説した解説書兼トレーニング本だと思っています。

「新釈 現代文」(ちくま学芸文庫)【高田瑞穂(著)、筑摩書房刊、2009年】

「新釈 現代文」【高田瑞穂(著)、新塔社刊、1959年】
〔旧版の目次〕
第一章 予備
 一、公的表現
 二、筆者の願い
第二章 前提
 一、問題意識
 二、内面的運動感覚
第三章 方法
 一、たった一つのこと
 二、追跡
 三、停止
第四章 適用
 一、何をきかれているか
 二、どう答えるか
 三、適用
後期にかえて
 一、近代文学をどう読むか
 二、近代文学の何を読むか

復刻版はまだ見ていませんが、内容的な違いはないという前提で上の目次を挙げました。本書の軸となる部分は、

・問題意識を持ち
・内面的運動感覚を発揮して
・筆者の足跡を追跡していく…

という手法です。入試現代文の読解対策が目的ですが、非常に基本的な考え方であるがゆえに、実際にはもっとずっと応用の利くものであると考えられます。近代文学の範囲に留まらず、ビジネス文書や新聞記事の解読の基礎にもなりえます。もっと勝手に拡大解釈してしまうと、外国語の読解にも、聴き言葉(ヒアリングにおける相手の主張の読み取りなど)にも、やはり同じ原則が適用できるように思えます。

私にとって「国語」は専門外かつ興味薄な科目でした。また“入試(テスト)対策のための勉強”というものには学生時代から今に至るまでかなり懐疑的で、参考書やノウハウ本の類を積極的に読むことはあまりなく、不要になったらすぐに捨ててました。教科書だってもちろん残っていません。にもかかわらず、本書を読んで感じるところがあり、30年以上も捨てずに手元においていたわけです。おそらく10代半ばに購入して今も保存している本は、何冊かの小説を除けばこれ1冊だけだと思います。

たんなる「文章読解ノウハウ」のようなものを期待してこの本を手にしたら、失望するかもしれません。文章構造の解析テクニックなら、他にさまざまな解説書があることでしょう。試験のテクニックとしても、数多の参考書があることでしょう。でも、小手先の話とか目先の損得ではなく「人の意見をよく汲み取る」といったもっと本質的な姿勢を整えようとするとき、立ち返る原点のようなものを本書から得られるかもしれません。

数年前にこの本のことをネット上で検索したとき、まったく何の手がかりも得られなかった記憶があります。それが思いもかけず復刻されていた…、この本を高く評価する人たちがたくさんいた…、ことを初めて知って、大変驚いています。ページ数は(旧版で)180ページ弱。肝となる部分の解説はせいぜい50ページ程度の薄い本です。一般のビジネスパーソンの基礎訓練テキストとしても成立するのではないかと、かねがね思っています。


「高田瑞穂著「新釈現代文」」への4件のフィードバック

  1. うーむ、国語も英語も・・・ってか基本的に語学苦手の私には、必要な一冊かもしれません。
    今度書店でチェックしてみます。(苦笑)

  2. 「一般のビジネスパーソンにも…」と自分で書いたものの、このテキストがそのままビジネス用途に薦められるかというと、少し躊躇もします。人を選びそうな気配があるのです。
    この本の考え方をうまくビジネス用にアレンジしたトレーニング手法が成立しないかと、ずっと思っているのですけどね。

  3. いよいよ怪しいアドバイス、ありがとうございました。
    いよいよ読んで見たくなりました。

  4. ググってみると、「人生観まで変わった」という意見から、「まったくの駄作(時代遅れ)」という意見まで、両極端あるようです。事前にあまり期待しすぎないでくださいね > のんきさん
    はじめの部分でぐっと惹き込まれる人とそうでない人に分かれるとの意見もありました。私は立ち読みで冒頭数ページに目を通したのが買ったきっかけだったと記憶しています(なにせ古い記憶ですので、あまりあてになりませんが)。上記のうち、“前者”だったということになりそうです。
    本書では、「内面的運動感覚」という独特のキーワードが使われています。これは大脳で「論理的に考える」というだけでなく、脳幹だか大脳辺縁系だかにある「より本能的な運動機能」に近いのではないか、なんて勝手読みしています。自転車とか水泳とかの運動を一度覚えたら忘れないように、身体で覚えていくような感覚。そこに触れた人が本書に惹き込まれていくのかもしれない…。
    なんて、知ったかぶりの蛇足、失礼しました (^_^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です