カテゴリー
人・組織の活性化 身体を測る

「ストレス測定法」

ストレス測定に関して本格的に学びたい人向けの専門書をご紹介します。前回の記事「身体を測る 09-ストレスの強さを測る」つながりです。

ストレス測定法・表紙
「ストレス測定法 ― 心身の健康と心理社会的ストレス」
【Sheldon Cohen、Ronald C. Kessler、Lynn Underwood Gordon(編著)、小杉正太郎(監訳)、1999年、川島書店】

■深く研究したい人向けの入門書
原題は”Measuring – Stress A guide for Health and Social Scientists”(1995年刊)。

〔目次〕
第1部 ストレスの概念化・ストレスと疾患との関係
 第1章 疾患研究におけるストレス測定方略
第2部 環境的視点
 第2章 チェックリスト法を用いたストレスフル・ライフイベントの測定
 第3章 インタビューによるストレスフル・ライフイベントの測定
 第4章 日常的なイベントの測定
 第5章 慢性ストレッサーの測定
第3部 心理学的視点
 第6章 ストレスアプレイザルの測定
 第7章 感情反応の測定
第4部 生物学的視点
 第8章 ストレスホルモンの測定
 第9章 心臓血管系の反応の測定
 第10章 免疫応答の測定
付録1 本書で言及されている尺度
付録2 わが国で開発、翻訳、発表されている尺度