カテゴリー
人・組織の活性化 身体を測る

身体を測る 07-心肺機能の測定とスポーツ

メタボリック・シンドロームを防ぐためだけではなく、スポーツ競技者の競技力向上にも、心肺機能の測定は有効です。

fig_at_vo2max.jpg

■さまざまな測定方法
一つ前の記事「身体を測る 06-メタボリ症候群と全身持久力」で、メタボリック症候群に関連して基礎代謝量や全身持久力の測定について話をしました。そもそも全身持久力というのがわかったようでよくわからない概念ですが、ここでは単純に、次のような指標(身体から測定できる値)を指すことにします。

・基礎代謝量:安静時に消費されるエネルギーの量
・無酸素性作業閾値(AT値):運動していて急につらくなるレベルにおける(酸素摂取量または血中乳酸濃度または心拍数などの)値
・血中乳酸蓄積開始点(OBLA):血中乳酸濃度が「4ミリmol/L」となる点
・最大酸素摂取量(VO2max):限界まで運動したレベルにおける酸素摂取量の値