銅板建築 2-古い店舗を活用し地元活性化

銅板建築を活かして店を開いた例が品川にあります。古い老舗店が廃業した跡を、地元関係者がうまい形で活用しました。

DouD004up_s1.jpg

■地元の事業者たちがNPO法人を設立
場所は北品川。旧品川宿、旧東海道に程近い場所にある居酒屋「居残り連」がそれです。地元の商売人たちが作ったNPO法人「東海道品川宿」が事業主体となっています。写真左のように、正面の銅板はかなり明るい緑色で、そこそこ繁盛している様子です。この店のほかにも北品川にあと2店ほど、同法人が運営(プロデュース?)している店舗があります(ここ以外は銅板建築の店ではない)。

NPO法人東海道品川宿 http://www.ren-shinagawa.com/ren-top/ren-top.html

「居残り」というネーミングでピンときた人の多くは、きっと落語ファンでしょう。幕末の品川宿を舞台にした「居残り佐平次」という面白い落語があります。その落語の中で料理屋の名前が出てくるのですが、ほかでもない、それがこの店の前身である鰻屋「荒井屋」です。つまり、江戸時代から続く老舗の鰻屋がつい最近までここで営業していました。2004年に惜しまれながら閉店したのですが、その銅板建築の店舗を「居残り連」として再生したというわけです。

筆者は落語にも映画にも疎いのですが、落語「居残り佐平次」を下書きにして作られたモノクロ映画「幕末太陽傳」(1957年日活、川島雄三監督、フランキー堺主演)を面白く見たことがあり、そこから「居残り佐平次」に親近感があります。居酒屋としては、客のそんなさまざまな話題、薀蓄の一つひとつがきっと酒の肴になっているのでしょう。

■銅板建築に新しいイメージを
背景には、他に比べれば活気ある商店街とはいえ、やはり近年空き店舗が目立つようになったという事情があります。この店は商店街からは外れたところにあるのですが、旧東海道沿いの商店街で年々古い店の廃業が続くのは他の商店街と同様です。放っておけば廃れていくかもしれない商店街をいかに活性化するか。地元の人たちだけでなく、商業関係者にさまざまな商売のアイデアが求められています。

そんな意味で、「連」のような再生モデルは参考になるのではないでしょうか。“昭和レトロ”の主張、地元の話題の提供、手作り商品(料理)のイメージなどを切り口に、銅板建築を一つのシンボルにしてしまうなんてこともありえませんかね。古い形そのままを残すのも手ですが、少し見方を変えて銅板建築に新しいイメージを吹き込んでみたい気もします。

前の記事「銅板建築 1-“昭和元年”が次々消えていく」でも触れましたが、せっかくの銅板建築の店がこれからも消えていくことが予想されます。現に、いまにも解体されておかしくない閉じた店舗があちこちにあります。

当ブログと並行して制作しているwebsiteに、銅板建築の写真を掲載しています(今後もupdateする予定)。

銅板建築の写真一覧

写真一覧を見てもわかるように、商店街の角や大通りに面した場所などかなり価値のある場所にも、ひっそりと銅板建築がたたずんでいます。

▽関連情報
マチヅクリ http://blog.kansai.com/toshikeikaku/118
スージグヮー http://blog.so-net.ne.jp/suzygwa/2005-12-17
Kai-Wai 散策 http://mods.mods.jp/blog/archives/000117.html

機関庫裏のフォトブック http://numajiri.cocolog-nifty.com/sinagawa/cat3208964/index.html
建築探訪・縦横無尽 http://blogs.yahoo.co.jp/chipimaro22/folder/1453178.html
関心空間 http://www.kanshin.com/keyword/209227

鉄道模型にも、こんなミニチュアの看板建築があるようです。
KATO http://www.katomodels.com/product/nmi/kanban_bldg.shtml


「銅板建築 2-古い店舗を活用し地元活性化」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。TBからたどってきました。
    大阪にはけっこう非戦災地区あって、そうした地区を中心に銅版建築が結構ありますよ。
    特に空堀地区は、都心に近く空き長屋などに店舗が入ってきていることや、アートイベントの効果などもあって、昔ながらのたたずまいを残すアートな町という地域ブランディングに成功していると思います。ハード面でも、HOPE事業( http://www.sumai.city.osaka.jp/subpage.php?p=5693 )などの取り組みも行われています。
    銅版建築をしっかり調べてみるのはおもしろいと思います!折をみて大阪でもやってみようかな。

  2. 築地 -銅がたくさん

    築地
    場外市場の細い道の両側に
    マグロやらを売る店や、すし屋やらが所狭しとならんでいる。
    大阪の野田にある市場やと、ちょっと行きにくい場所にあるけども
    銀座とかから思ってたよりも近いし、一般の人がたくさんいる。
    昭和10年に築地に市場が移ってきたらし…

  3. くにさん、はじめまして
    コメント、TB、およびいくつかの情報ありがとうございます。
    大阪にも地域によって銅板建築が結構残っているとのこと、どのくらいの数が現存しているのでしょう。ご紹介いただいたHOPE事業のサイトにある「空堀に見る町家のデザイン」も見ました。銅板に限らず、どれも本格的な構えですね~
    私のほうは建築や都市計画の専門でも何でもなく、店舗経営という視点から注目しています。さすがに自分で全国の銅板建築の写真を撮りに行くというわけにはいきませんが、都内についてはこれからも機会をみて写真撮影し、できれば網羅したリストにしたいと思っています。
    ぜひこれからもお気軽にコメントいただけたらと思います。

  4. 幕末太陽傳

    明治維新まであと5年という幕末の日々。品川の遊郭で大判振るまいの佐平次(フランキー堺)は実は一文なしで、居残りとなって腰を落ち着けることに。もう一組の居残り組は高杉晋作(石原裕次郎)をはじめとする勤王の志士たち。佐平次は彼らと仲良くなり、やがては廓(くるわ)の人気者になっていくが…。
    川島雄三監督の代表作ともいえる傑作時代劇コメディ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です