カテゴリー
休憩

芝離宮と鏡

旧芝離宮公園内の池が写し出す、周囲の風景です。

芝離宮と鏡
[芝離宮と鏡]

あけましておめでとうございます。
 当社は、郵便による年賀状を省略しています。
 このサイトにて、皆様にご挨拶させていただきます。

芝離宮の池が鏡のようになり、東京タワーやビル、木々が上下に現れています。
池に写っている光は幻…

実世界では、異なる社会の融合と衝突により、素晴らしい文化や技術を生み出している一方、深刻な摩擦も生み出しています。コインの表裏のようでもあり、実態と影のようなものでもあります。
どちらが本質なのか、どちらが影なのか。
見失わないようにしないといけませんね。

当方からの情報発信は主に松山のFacebookで行っており、本blogは時々にしか更新していませんが、これからもまとめ記事やお知らせなどに使っていく予定です。
今後とも宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー
休憩

出港と鴎

東京湾。といっても湾の出口にあたる千葉県浜金谷の港です。

出港と鴎
[出港と鴎]

あけましておめでとうございます。
 当社は、郵便による年賀状を省略しています。
 このサイトにて、皆様にご挨拶させていただきます。


カテゴリー
休憩

神田川と丸ノ内線

神田川の中から撮影した写真です。小高い丘を、江戸の初期に人工的に掘り取って治水した結果、本郷台と駿河台の間が結構深い谷川になっています。よく知られているように、そこを地下鉄丸ノ内線が横切ります。

神田川と丸ノ内線
[神田川と丸ノ内線]

あけましておめでとうございます。
 当社は、郵便による年賀状を省略しています。
 このサイトにて、皆様にご挨拶させていただきます。

今年は、地下鉄が通り過ぎるところ。比較的真近から撮影することが出来ました。ここのわずか下流は、本blogで以前にご紹介したことのある旧万世橋駅(交通博物館閉館)。少し前に新しい商業施設に生まれ変わりました。また、少し上流に行くと、周囲のビルがほとんど見えず、都会とは思えない深い森のような風景が現れます(私のfacebookに写真を掲載しました)。テレビドラマ「仁 JIN」でJIN先生が飛び降りたとされる辺りです。神田川クルーズは、なかなか不思議な風景を見せてくれます。

当方からの情報発信は主に松山のFacebookで行っており、本blogはごくたまにしか更新していませんが、これからもまとめ記事やお知らせなどに使っていく予定です。
今後とも宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー
休憩

清洲橋と屋形船

日本橋周辺に架かる橋として、一昨年の年賀は常磐橋、昨年は永代橋の写真を使いました。今年は清洲橋です。今回は川の中からの写真というわけにはいかず、お隣の隅田川大橋から撮影したものです。

清洲橋と屋形船
〔清洲橋と屋形船〕

あけましておめでとうございます。
  当社は、郵便による年賀状を省略しています。
  このサイトにて、皆様にご挨拶させていただきます。

写真は、ちょうど屋形船が通り過ぎていくところ。急いで1回だけ押したシャッターで、ちょっと気に入った写真が撮れました。こう見ると、いまさらですが隅田川は結構広く、ダイナミックな川であることがわかります。夜景もいろいろと綺麗です。

本blogは、相変わらずごくたまにしか更新していません。もう2年半以上前にアップした「公的機関の人材育成事業」についての記事は、その続きを書こうと思いながらそのままにしてしまい、その間に状況も変わってきました。今年は、あらためてこのテーマについて少しまとめてみたいと思います。そのほか、次のようなやりかけ、書きかけのあれこれも。
・生体測定・睡眠測定に関する新しい情報
・Professional DTPで未登録図版のアップロード
・銅板建築写真の、ここ3年分くらいの追加
・築地の移転

また、松山のFacebookでは、次のようなテーマで日常的に書き込みをしています。
・ここ2年くらい多方面から論じられている中小企業の海外進出
・2013年3月終了予定の中小企業金融円滑化法と、その出口戦略・企業再生
・(中小企業会計指針に換わる?)中小企業会計要領の実用性
・比較的簡単に(個人でも)モノづくりができる『3Dプリンター』などを利用した、いわゆるfabricationの潮流

これらについても、blogで少し記事を書いていこうと思っています。
今後とも宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー
休憩

和紙の草履キット

初めて草履を作りました。和紙でできています。そんなに難しい作業ではなかったのですが、やはり慣れないと綺麗にはできません。見本に比べ、やたら細長いものに仕上がってしまいました。こうした和紙の新たな商品企画が国内であちこちに見られます。

和紙の草履
〔キットから作った和紙の草履〕

■繊維が強い和紙
和紙の糸で編んで作る草履のキットです。和紙を縒った糸なので、藁と違いケバケバがありません。表面はさらっとしていて、すべすべのフローリングなどでは少し滑ることもあるかもしれませんが、カーペットだとちょうど良い具合です。暖かい季節、スリッパ代わりの室内履きとして快適かもしれません。

和紙は繊維が強いのが特徴です。繊維にそって縦に削ぐことは比較的簡単なのですが、横にはそう簡単に切れることはありません。和紙糸は長くて強力な紙縒り(コヨリ)と思えばイメージがわかりやすいと思います。大昔は大福帳にも小判の包み紙にも使われていたそうです。

和紙は産地によりさまざまなものがありますが、この製品は愛媛「和紙のイシカワ」のもの。同社は和紙糸(ペーパーヤーン)のほか、プリンターで精細に印刷するのに向いた和紙などを取り扱っているようです。関連する特許も取得しているとか。インクジェット印刷に適したコーティングなども、見えないところで工夫されているようです。

和紙のイシカワ

撚ってできている和紙糸は、ほぐすとこんなふうになっていました。
和紙糸の構造

■手足の指を使って編み上げる
この商品は、ネットで手に入れることができます。日本紙パルプ商事の子会社JPシステムソリューションという会社が運営するネットショップです。もちろん、主たる製品は草履でなく、和紙のイシカワだけの製品でもなく、プリンター用紙からインク、文具など、紙に関連する製品を扱っているようです。

ネットショップ Paper&Goods

届いた製品の様子
製作前

これを、指示に従ってパーツに切り分けます。
切り分け

編みあげるための説明書が用意されていて、
説明書

こんな感じで、手の指、足の指を使って編み始めます。
編み始め

■合理的な編み方に感心
編み方はさほど難しくありません。ギュッギュッと締める具合も、すぐにわかってきます。でも初めはやはり要領がつかめず、見本のような楕円形にはなりませんでした。

編み途中

やはり一番難しいのは鼻緒のところでしょうか。ここでは、和紙糸を2本分さらに撚って編みます。
鼻緒作り

鼻緒部分を編み込んだところ。
鼻緒を編みこみ

こうしてできたのが冒頭の写真です。指示通りの本数を編み込んだつもりでしたが、出来上がってみると左右の長さが3センチ近くも違う(汗)。先に作った方はかなり細長くなったのと、後に作った方は固く締めることができたからかと思いましたが、それにしても長さが違いすぎる。たぶん編み込んだ和紙糸の本数そのものを間違っていたのでしょう。でも、履いてみると、特に気になるほどではありません。まあ、いいことにしました。

実際に編みこんでみて、接着剤は一切使わず、結び目も鼻緒以外はほとんどないのに、10本以上ものパーツが固く結びついていることに気が付きます。実に合理的。昔の人は当たり前のようにこうして(藁で)草履を作っていたのだなと、本当に感心します。“ものづくり”というより、日常の知恵そのものですね。

■苦戦する和紙の世界
我々が子供の頃はどの家にも障子があり、年に1~2回の障子紙の張り替えが行事になっていました。ところが障子紙が使われなくなって後、和紙の市場は極端に縮小し、この業界は四苦八苦しているようです。

日本橋には、創業350年の老舗で映画「新参者」にも登場した小津産業(小津和紙)があります。同社は江戸時代初期に和紙問屋として創業され、小津和紙博物館・資料館などを構えていますが、今や和紙の売上比率はグループ全体でわずか0.2%(8400万円)しかありません。その他は、日用紙製品(トイレットペーパー、ティッシュペーパー)、洋紙、不織布で占められているとのこと。

小津産業

また、手漉き和紙自体が手工業品的な特殊な位置づけになり、職人も減ってしまいました。自分の身近に和紙を扱うデザイナーがいるのですが、年々、素材となる和紙の種類が減ってきて、困っているようです。

今回試してみた草履のほか、赤ちゃんの靴に和紙を使った商品なども注目されています。

「神の国から」紙のくつ

こうした日用品、アイデア商品、プリンター用紙など、和紙の特徴を生かした商品展開にどれだけの市場があるかわかりません。でもせっかくの国内の技術、さまざまなアイデアを生かして、うまい方向に成長してほしいものです。

あ、決してステルス・マーケティングではありません。念のため(笑)