稲妻

雷

シャッタースピードのマニュアルコントロール(開放など)が出来ないコンパクト型デジカメで、やっとこさ写した稲妻。

光ってからシャッターを切っても間に合わないので、カンで方向とタイミングを決めてボタンを押します。これが撮れるまでに数年かかりました(笑)。

経済も雷雨状態ですが、そこから新たなビジネスと活力が生まれることを期待して…

【撮影データ】
Panasonic DMC-FX1
ISO200, SS:1/8s, F2.8
画像ソフトで輝度調整とトリミング


「稲妻」への4件のフィードバック

  1. うひょー!
    カンで一発とは素晴らしいっ!
    完璧にシャッターチャンスを捉えているではないですかっ。
    臨場感たっぷりですよ~♪

  2. カメラマンの のんきさん、こんにちは。
    雷が連続する時間帯しか狙えません。それでも、これが撮れるまでに撮った枚数は数百枚??
    デジタル一眼を買って撮影すれば苦労しないのに、わざわざこんなことしてます。

  3. 不良写真部員のんきです。
    その根性がたまらない。・・・ところでそのコンデジ、バルブ撮影とは言わないでも最長シャッター速度を駆使するって方法はご検討されたです?(^^;

  4. この写真は、雷鳴轟く中であたふたと撮ったので、完全にautoだったと思います。
    ISOを50とか低く固定し、露出補正を+にすれば、シャッター速度は遅くできそうな気がします。が、以前あまりうまくいかなかったような記憶もありました。
    →で、今回のんきさんに言われてマニュアルを読み返してみたら…
    手振れ補正が働く状態では1/8が限度でしたが、これを切れば1秒まで伸びたみたい。それがどれだけ稲妻の撮影に寄与するのかはわかりませんが (^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です