「パソコン流 経営改造ブック」

keieikaizou-s.jpg
【日経BP出版センター刊、1994年】

税理士の井上一生氏が主たる著者です。弊社松山がお手伝いをさせていただきました。パソコン(および業務パッケージ・ソフトウェア)をツールとして、企業をいかに確実に経営していくかを解説しています。井上氏の実践的なアイデアが各所に盛り込まれています。

〔目次〕
1.パソコン経営への招待
 1.1 成功の古典原理と新原理、パソコン新経営
 1.2 パソコンは高くない、難しくもない
2.パソコン経営を実行してみる
 2.1 パソコン経営の全体像
 2.2 未来会計で経営のカジを取る
 2.3 販売情報・給与情報を管理する
3.個別ソフトウェアガイド
 3.1 オービックビジネスコンサルタント
 3.2 ピーシーエー
 3.3 ミルキーウェイ
 3.4 日本マイコン販売

当時まだ業務パッケージは今ほど一般的とはいえませんでした。システムもまだDOSの時代で、Windowsが本格的に普及したのはこの後です。でも、今でも役に立つ本だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です