「システム」カテゴリーアーカイブ

高齢者を見守るハイテク・システム

一人住まいの高齢者が増えた現代ですが、ハイテクを駆使して家族や介護関係者が遠隔地から安否確認をするサービスが多数登場してきました。

fig-mimamori1.gif

■センサー技術と通信性能の向上
少し前に記事として「社会安全システム」という本をご紹介しました。同書にもさまざまな事例が書かれていたように、情報技術と通信ネットワークをうまく利用することで人の安否情報や行動情報を離れた場所に伝えることができます。緊急事態があったときに即座に対処したり、危険や病気が発生しそうなときに前もって状況を分析したりと、役に立ちそうです。
続きを読む 高齢者を見守るハイテク・システム


「社会安全システム」

人・社会の安全を守るシステム。関連する情報技術が実用段階に入り、いよいよ身近な生活と関連してくるようになりました。

社会安全システム
「社会安全システム ― 社会、まち、ひとの安全とその技術」
【中野潔(編著)、安藤茂樹、井出明、小林正啓、瀬田史彦、高畑達、田口秀勝、西岡徹、宮野渉(著)、2007年、東京電機大学出版局】

■「安全学」の教科書
大阪市立大学大学院創造都市研究科の教授陣が中心となってまとめられた専門書。「安全とはどんな状態を指すのか」から始まり、安全を守るシステムのあり方を情報技術面、法的な側面、まちづくり・環境の視点などから多面的に論じています。
続きを読む 「社会安全システム」


「失敗知識データベース」

サイト紹介:科学技術振興機構が掲載している「失敗事例」のデータベースです。無料で利用できます。

http://shippai.jst.go.jp/
JST失敗知識データベース画面例

「失敗学」といえば、日本では畑村洋太郎氏の名がまず挙がると思いますが、その畑村氏により構成された事例集といえばよいでしょうか。当ブログでたびたび採り上げているアポロやスペースシャトルの事故をはじめ、国内国外の興味深い事例と、その本質的な原因を追究した解説を読むことができます。

カテゴリーやキーワードで事例を検索できるとともに、「失敗まんだら」と名付けられた分類図から探すことができるのが特徴的です。例えば「個人に起因する原因」「組織に起因する原因」「個人・組織のいずれの責任にもできない原因」「誰の責任でもない原因」それぞれについてさらに中分類、小分類といった要素を指定し、それに該当する事例を抽出することができます。

ビジネスの実践的な場面からこれらのデータがどのように役立つのかは、正直よくわかりません。でも少なくとも内容的に大変面白く、また勉強になるサイトだと思われます。